病院

公益財団法人がん研究会 有明病院

  • 新卒採用実績あり
  • 診療科目10科目以上
  • 教育研修制度充実

がんの診療・研究において世界に誇るがん研となる

薬剤部では、がん患者さんに効果的で、安心・安全な薬物療法を提供するという目標を掲げて、薬の専門家としてチーム医療の一翼を担うべく、以下のような取り組みをしています。

・的確な処方監査

・正確な調剤と薬品の供給

・迅速な医薬品情報の提供

・分かり易い服薬指導と副作用の確認

・チーム医療への参画

プロフィール

当院は、未来を担う理想のがん専門病院となるために、病院の理念・基本方針として次の使命(Mission)、共有する価値観(Core Values)、将来展望(Vision)を定めおります。これに基づき、私たちは最高の医療を提供するとともに、「患者さんの権利」を尊重した、やさしく心の通った医療を実践してまいります。

 ・各診療科それぞれが責任をもって診断・治療を行っていますが、病院全体としては、患者さん1人1人のために、病院の最高の機能が発揮されるようなシステムをとっています。 それは患者さんが専門家を渡り歩くのではなく、患者さんを中心に専門家たちが集合する医療システムです。

 ・患者さんを全ての面から支援する:全身管理チームは、病院全体として、痛み、感染症(口腔衛生)、循環器・呼吸器・腎機能の障害等に対する対処を目的として活動しております。看護部・薬剤部・栄養科は医療の全ての段階に参加し、診療が円滑に行えるように、患者さんの診療の質を高め、生命の質を高めるよう機能します。そのほか、医療支援センターの相談支援室では専任の医療ソーシャルワーカー(MSW)が患者さん・ご家族の様々な問題や悩みについての相談に対応します。また、退院支援室では、地域の医療機関や訪問看護ステーションなどへの連絡をとりながら退院後も安心して生活できるようにサポートし、患者さん・ご家族のQOLの向上に努めております。

 ・当院の診療部門では、大半の診療科ががん診療を主体としており、その治療方針を決定する上で重要な役割を占めるのが「キャンサーボード」と称する検討会です。キャンサーボードでは、 各診療部門から各種がん診療に携わる専門医が参加し、各科の診療ガイドラインに準拠しながら、個々の患者さんにおけるベストの治療方針を決定しております。

OB・OGの声
一覧をみる
インターンシップ指定日開催

担当者へお問い合わせください。

インターンシップ随時開催

担当者へお問い合わせください。

モットー

1.新しいがん医療の創造に努めます

2.安全かつ質の高いがん医療を提供します

3.患者さん中心の親切ながん医療を行います

4.臓器別診療に基づくチーム医療を実践します

5.人間性豊かな医療人の育成に努めます

Contact この求人への問い合わせ

法人名
公益財団法人がん研究会 有明病院
担当者名
清水 久範(副薬剤部長)
住所
〒135-8550
東京都江東区有明3-8-31
電話番号
03-3570-0214
URL
https://www.jfcr.or.jp/hospital/
お問い合わせe-mail
hisanori.shimizu@jfcr.or.jp